recruitment

社員インタビュー

佐藤 貴久

文系の大学を卒業して6年間住宅リフォームの営業に従事していた私が、初めてプログラムというものに出会ったのは、29歳の時でした。仕事をしながら、家で本を見つつ独学でCとC++を勉強しました。半年で3冊の本を修了し、非常にロジカルなシステムの魅力にはまりました。結果には必ず原因があるという、物事の真理を見たような気がしました。プログラムの中に小さな宇宙を見つけ、プログラマーになりたいと強く思うようになったのです。

入社後、研修も受け、大まかな仕事の内容やCとC++は理解していても、もともとPCに詳しい訳でもなければ、通信やwebの知識もないので、最初の1年は、メモが真っ黒になるくらい必死で先輩とお客様のやり取りを聴き取っては後で調べる・・・これの繰り返しでした。専門用語の語尾を微妙に間違えてはその都度訂正されたり、先輩や上司には本当に手取り足取り教えてもらいました。振り返ってみても、大変な迷惑を掛けたと思います。お陰様で必死に勉強し、javaも覚え、今では企業間の回線を繋ぐ回線設計システムを任せられるまでになりました。もっともっとスキルアップして、育てもらった恩を仕事で返していきたいと思っています。

そんな日々勉強の毎日ですが、特に今力を入れているのがオラクルマスターの資格試験のための勉強です。もっともっと実力をつけて、いつか先輩や上司のように、お客様と一緒に考え、信頼関係を築いていける人間になりたいですね。

My view on NetValue is...

社員一人一人の成長を見守ってくれる会社です。社員を単なる人材としてではなく、個々の感性と才能を認め、尊重してくれます。例えば、この社員には何を与えてあげればもっと成長できるか、今どのような悩みを抱えているのかということを親身になって考えてくれるんです。

松岡 高司

情報系の専門学校に通っていたので、システム開発系事業を行っている企業にターゲットを絞って就職活動していました。当時は、株式会社システム イオから分社する前で、関西事業所が出来たばかりでした。面接や自分なりの情報収集を通して、これから発展していく会社だと確信したので、入社を決めました。

入社当初から1年前まで、大手通信会社様や金融機関様の業務アプリのシステム開発をしていました。しかし、もっと特殊で技術的な設計をしたい、もっと自分の技術エリアを広げたいという思いから、現在の部署に異動を願い出ました。今は携帯電話の中に組み込まれる、ブラウザやメールのソフト開発に取り組んでいます。業務アプリ設計と違うところは、ハードを意識する分、とてもシビアだということですね。あの小さなハードウェアの中にメールやブラウザ以外にも沢山のソフトが組み込まれているため、メモリやスペースが限られており、制約の多い中での開発になります。ハードルは高いですが、難しければ難しいほど、得られるものも大きいですね。

携帯電話等の組込系に携わって気付いたことが一つあるんです。それは業務アプリと違い、メーカーが違っても同じ種類の物であれば、開発のベースは大体同じであるという事実。それはつまり、マニュアルを作って社内で共有すれば、作業効率が上がって会社の利益になるということ。だから技術エリアを今よりもさらに広げ、自ら培った知識と経験をもとにマニュアルを作成したいんです。将来的にはワンランク上の立場から、様々なアプローチを試みてシェアを拡大し、"ネットバリューの松岡"と認められる様になりたいと思っています。

My view on NetValue is...

ギスギスした雰囲気の無い、温かみのある会社です。規律や序列に縛られた組織ではなく、和気あいあいとした体育会系サークルのノリかな?『自分が、自分が…』という感じではなく、協調し助け合う仲間が自然に集まっているという感じです。

松山 岳

四年制大学の文系の学部を卒業し、一度は就職活動をしていたものの、特になりたいものがなかったんです。漠然と就職先を探すうちに、「このままなんとなく就職して良いのだろうか」「自分の好きなことって何だろう」と考えるようになりました。そんな中、高校時代に父親にPCを触らせてもらったこと、それが楽しかったことを思い出しました。そこで一念発起して、情報系の専門学校に入学。2年間、システム開発とは少し異なる部分もありますが、インターネットに関する知識や技術を学びました。プランニング~デザイン~プログラミング(javaやperlといった言語も含め)等様々な知識や技術を身につけ、ネットバリューに入社しました。

通常、新人研修は3ヶ月程度行われるのですが、専門学校を出ていたおかげで2ヶ月で現場に行かせてもらえました。しかし、技術的なことは理解出来ても、業務知識が全く無かったので、最初の現場では約3ヶ月間ほとんど手伝える仕事がありませんでした。次の現場で初めて一機能任せられた時はとても嬉しかったです。データベースから情報を取り出して送ったり、返ってきた情報をデータベースに落とし込むといったアプリケーションでした。現在は、大手通信会社の法人向けサービスをweb上で受注するためのシステムを設計しています。1年前から手掛けている大きな仕事で、何人もの当社のスタッフと一緒に働けるのが特に楽しいですね。私個人が、というよりも、このプロジェクトのリーダーとして、当社のメンバーが作ったシステムがきちんと働いて、お客様に高く評価していただくことが大きなやりがいとなっています。

そして、今よりも業務の幅をもっと広げて、効率良く、早く作業をこなせるようになることが第一の目標。自分の受け持ちだけでなく、他のメンバーのフォローもしていけたらと思っています。いずれはお客様が頼りにして相談してくれるような存在になれるように。自分が直接かかわっている“部分”ではなく、“全体”を理解・把握し、お客様と直接やり取りできるようなSEになりたいですね。

My view on NetValue is...

例え仕事で大変な時期でも、会社ではみんな気さくに仲良くしているので、いつも和やかで楽しい雰囲気です。入社説明会で話をしてくれた社長の人柄や社内の雰囲気に惹かれ入社を志願しましたが、入社前に思った通りの良い会社でした。ここで働くことになって本当に幸運だったなぁと思います。

辰本 綾

前職では事務をしていましたが、仕事でExcelを使ううちに関数を駆使することにはまり、プログラミングに興味を持つ様になりました。退職して1年、情報系の専門学校に通ったのですが、言語もプログラムも思う様に頭に入らなくて、とても苦労しました。なんの苦労もなくスイスイ覚えられていく人を横目で見ながら、『自分は本当にこの業界でやっていけるのだろうか?』『プログラマーには向いていないんじゃないだろうか?』と、不安も大きかったです。しかし、就職活動中に訪れた会社説明会で『絶対この会社に入りたい!』と強く思えるような感銘を受けた先輩との出会いがあり、この世界に、そしてネットバリューに飛び込むこととなりました。

入社以来、携帯電話の組み込み系の開発を手掛けています。・・・といっても初めての現場では、まずテスト版を作って動作確認等をしていました。お客様に教えていただくことも多く、相変わらず言語を読みこなすのは苦手でしたね。それから2年半位でしょうか、働きながら現場でプログラミング言語に慣れ、読み書きも出来るようになりました。現在はjavaで構成されるアプリ全般を動かすソフトの開発に取り組んでいます。ダウンロードしたゲームを途中で終了する時に保存して、次回再起動した際に前回の続きから始められるような機能もその一つです。自分が手掛けた携帯電話がリリースされると、必ず店頭に見に行きますね。苦労して開発した商品が実際に売られているところを見ると感動しますよ。

今では指示されることに関しては、そつなくこなせるようになりましたが、現場の後輩に指示を出すのはまだまだ苦手です。しっかりリーダーシップを身につけて、これから現れるだろう多くの後輩や部下を指揮出来るようになりたいですね。

My view on NetValue is...

『こんな先輩がいたら楽しいな』っていう先輩のいる会社です!私が入社を決めるきっかけとなった会社説明会で出会った方も、そんな先輩方の内の一人。第一印象は怖い人かと思ったんですが、話してみると冗談を交えて笑いを取りつつ、為になるお話をしてくれます。どの先輩もいつも嫌な顔一つせず相談に乗ってくれてきたので、今度は私が後輩の面倒を見る番ですね。